「新あわ学コース」明治期徳島における阿波藍産業の衰退と転換

歴史・地理 本部

地域の産業基盤として長く繁栄を支えた阿波藍業は、明治維新の自由化による隆盛を見たものの、国内の「地藍」や、流入する「インド藍」「化学合成藍」などの攻勢により苦境に陥り産業の転換を余儀なくされていきました。基幹産業の衰退にともなう生き残りをかけた経営の転換は、地域社会にとって深刻な課題ですが、一世紀前に阿波藍業が直面した転換の模索や選択の実相を考察していきます。

講座詳細
開催日
時間 13:30~15:00
開催施設 四国大学・四国大学短期大学部 N209教室 ※Zoomでの受講も可能
〒771-1192 徳島市応神町古川字戎子野123-1
対象 どなたでも
定員 50
参加料 無料
単位数 2単位
講師・指導者 石井町 文化財審議委員 立石 恵嗣さん
主催者 徳島県立総合大学校本部事務局
備考

申込・問い合わせ

四国大学 SUDAchi推進室「新あわ学コース」事務局

〒771-1192 徳島市応神町古川字戎子野123-1
FAX: 088-665-9982

はがき、ファクシミリ、パンフレットにあるQRコードからの電子申請のいずれか

検索結果に戻る