食用藍の可能性

医学・歯学・薬学・栄養学

藍は、染料や漢方薬として古くから利用されています。タデ藍には、生活習慣病の原因となる活性酸素の消去力をもつポリフェノールが含まれ、抗菌性、抗がん性があることが報告されています。しかし、これらは試験管内の実験結果です。私共は生体内でどのような影響が認められるのか、実験用動物を用いて観察し、生活習慣病予防に効果的な機能性成分が含まれていることを確認しました。

講座詳細
開催日
時間 13:00-14:30
開催施設 四国大学・四国大学短期大学部 地域交流センターミライズ・四国大学古川キャンパス
〒771-1192 徳島市応神町古川字戎子野123-1
定員
単位数 2
講師・指導者 四国大学 生活科学部 教授 近藤真紀
主催者 四国大学
備考

申込・問い合わせ

四国大学SUDAchi推進室「美来創生みま学講座」事務局

〒771-1192 徳島市応神町古川字戎子野123-1
TEL: 088-665-9953     FAX: 088-665-9982 E-MAIL: sudachisuishin@shikoku-u.ac.jp

検索結果に戻る