防災生涯学習コース

徳島県生涯学習情報システム「まなびひろば」

▲「まなびひろば」トップに戻る

キーワードは講座名や講座の内容、主催者名、講師名等で検索できます。 検索の仕方

講座・イベント名/内容 開催場所 開催日
[まなびーあ徳島防災減災学部主催講座] 災害遺産フィールドワーク(H30災害遺産発掘・継承事業 県北)  県内には、地震・津波、風水害など過去の自然災害の様子や教訓を伝える石碑や痕跡といった災害遺産が多数残されています。
 これらを巡り、そして語り部から説明を受けることで、遺産に刻まれた「災害の歴史」や先人からの「教訓」を学ぶフィールドワークを実施します。この事業においては、参加者の防災意識を向上することにより、地域防災の担い手を育成するとともに、先人が残した貴重な災害遺産を後世に引き継いでいくことを目的としています。
 今年度は、県北(吉野川流域における洪水)と県南(地震・津波)の2つのコースを用意しています。
 このページでは県北(吉野川流域における洪水)についてのご案内です。国の重要文化財にも指定されている『田中家住宅』や徳島市国府町の『うつむき地蔵』などをめぐるコースとなっています。
 申し込みについては、ページ下部の添付ファイルをご確認ください。
【集合場所】徳島県立防災センター(駐車場有り)(板野郡北島町鯛浜字大西165)
[まなびーあ徳島防災減災学部主催講座] 災害遺産フィールドワーク(H30災害遺産発掘・継承事業 県南)  県内には、地震・津波、風水害など過去の自然災害の様子や教訓を伝える石碑や痕跡といった災害遺産が多数残されています。
 これらを巡り、そして語り部から説明を受けることで、遺産に刻まれた「災害の歴史」や先人からの「教訓」を学ぶフィールドワークを実施します。この事業においては、参加者の防災意識を向上することにより、地域防災の担い手を育成するとともに、先人が残した貴重な災害遺産を後世に引き継いでいくことを目的としています。
 今年度は、県北(吉野川流域における洪水)と県南(地震・津波)の2つのコースを用意しています。
 このページでは県南(地震・津波)についてのご案内です。日本最古の地震津波碑である『康暦碑』や阿南市の『津波避難タワー』などをめぐるコースとなっています。
 申し込みについては、ページ下部の添付ファイルをご確認ください。
【集合場所】徳島県南部総合県民局<阿南庁舎>(駐車場有り)(阿南市富岡町あ王46)
[まなびーあ徳島防災減災学部主催講座] 平成30年度(第36回)土砂災害防止「全国の集い」in徳島 【現地研修会(1日コース)】 午前中は、日本最大級の破砕対地すべりである「善徳地すべり」の地すべり防止施設、「祖谷川水系砂防」の砂防防止施設、途中昼食を挟み、午後は、吉野川治水史に名を残す「お雇い外国人(土木技師)」ヨハネスデレーケゆかりの登録有形文化遺産「大谷川えん堤」などを県内砂防ボランティアのガイドにより巡っていただけます。
集合:徳島駅前、解散:徳島駅前(徳島阿波踊り空港)
[まなびーあ徳島防災減災学部主催講座] 平成30年度(第36回)土砂災害防止「全国の集い」in徳島 【現地研修会(午前コース)】 記録に残る本県最大級の土砂災害の一つである「茶園獄の崩壊」跡地、我が国近代砂防の父「赤木正雄」が若き日に手がけた曽江谷川床固工、吉野川治水史に名を残す「お雇い外国人(土木技師)」ヨハネスデレーケゆかりの登録有形文化遺産「大谷川えん堤」などを県内砂防ボランティアのガイドにより巡っていただけます。
集合:徳島駅前、解散:徳島駅前(徳島阿波踊り空港)
[まなびーあ徳島防災減災学部主催講座] 平成30年度(第36回)土砂災害防止「全国の集い」in徳島 近年の異常気象により降雨が激化、本県は脆弱な地質や急峻な地形に加え高齢化も進行し土砂災害のリスクが高まる。そうしたなかで「土砂災害からいかに人命を守るか」について討論し対策の方向性を検討する。
あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)
[まなびーあ徳島西部校主催講座] 「「とくしま-0(ゼロ)作戦」防災出前講座」 地域の寄り合いや各種団体の研修会等に職員が出向き、南海トラフ巨大地震をはじめ、地震・津波の特徴などを分かりやすく説明し、家庭や地域でできる日頃の備えについて皆様と考えます。
未定
[まなびーあ徳島南部校主催講座] 「とくしま-0(ゼロ)作戦」防災出前講座(寄り合い防災講座) (防災生涯学習コース)◇地域の寄り合いや各種団体会合等に職員が出向き、南海地震の特徴などを分かりやすく説明します。基本講座の他、住宅・建築物の耐震化、企業防災、ボランティア活動などテ-マ別講座もあります ※防災減災学部の講座として単位認定します。
南部圏域管内(阿南市・那賀郡・海部郡)の施設
[まなびーあ徳島防災減災学部主催講座] 県立防災センター体験コーナー 地震や風水害などの防災の学習の場として、いろいろな体験コーナーや展示コーナーを備えています。体験を通じて災害に対する正しい知識を持ち、どのように「備え」をすればよいか、災害発生時にはどのような「行動」をとるのかなどを学び、自らと地域で実践できるように役立ててもらう学習施設です。
徳島県立防災センター
[まなびーあ徳島防災減災学部主催講座] 「とくしま-0(ゼロ)作戦」防災出前講座(寄り合い防災講座) 地域の寄り合いや各種団体会合などに職員が出向き、南海トラフ巨大地震の特徴などを分かりやすく説明します。基本講座(地震・津波の特徴、家庭・地域でできること)のほか、住宅・建築物の耐震化、企業防災、災害時のボランティア活動など、テーマ別講座もあります。
徳島県立防災センターほか 県内どこでも
[まなびーあ徳島健康福祉学部主催講座] 被災児童保育ボランティア養成講座③(全3回) (防災生涯学習コース)災害発生時において、子育て支援に関わっている者が何ができるのか、その時子どもたちとどう関わっていけばよいのかを学ぶ講座(全3回)第1回7/12(木) 第2回9/6(木)
アスティとくしま (徳島県立産業観光交流センター)
[まなびーあ徳島防災減災学部主催講座] 徳島県シルバー大学校大学院(防災講座)  <資格取得対応講座:徳島県地域防災推進員、防災士の受験資格>(防災生涯学習コース)専門的で高いレベルの学習機会を提供し、卒業後は社会貢献活動を推進する人材を養成します。【対象】県内在住の55歳以上の方で、社会貢献活動に意欲のある者
徳島県立総合福祉センター

▲この画面の先頭へ戻る  ▲「まなびひろば」トップに戻る